あかみ幼稚園TOP >  > コンセプト & ロケーション&エコロジー

コンセプト & ロケーション&エコロジー
 どんなことをしているの? 

 子どもは「未来からの留学生」。
 将来(未来)、私たちの社会を作る彼らは、子ども時代の今、何を学べばいいのでしょうか?
        
 遊びの効果は すごいぞ       

好きなことで遊んでいる子どもは、自分勝手で我がままな人間になってしまうのでしょうか?

そんなことはありません!

子どもの遊びは、もっと厳しいもので、ルールを守らなければ、仲間から強く非難されます。

ルールを守らないと、遊びがつまらなくなってしまいます。例えば、鬼ごっこ。

ここで、子どもの自律が育つのです。

これぞ、本物の けじめ。

遊んでばかりいると、学校の勉強が心配ですか? 

そんなことはありません!

例えば、レストランごっこを見てみましょう。

年長組になると、子どもは、より本物らしいお店が作りたくて、

看板やメニューを文字で書きたくなります。

ここに、本物の学習の基礎があります。

今、世の中で人間関係がギクシャクして、何だか息苦しい暮らしになっています。

それは、私たち大人と子どもたちの生活が自然から遠く離れてしまったからではないでしょうか。

動物や虫たちといっしょの園生活。

そこで 子どもは、本当の賢さと やさしさを身体で感じています。

この時期、「いのち」について どう「教える」のか?

とても大きな課題です。


       


 生きる たくましさを

生きるたくましさって、何でしょう?

それは、やりたいことを実現する意志と技術。

あかみ幼稚園では、畑で野菜を作り、包丁を使い、薪を燃やして湯を沸かして料理します。

また、うさぎ小屋が古くなれば、かなづちやのこぎりをつかって、大工仕事。

そんな動物たちも、一緒に生活をともにする仲間です。

このような、子ども自身「やらなくては ならない!」と思う生活が、子どもの育ちに必要です。

頭でっかちではない 生きる力の大切さを、今、ことさら感じています。



       


 文化の担い手として


21世紀に生きる子どもにとっては、世界中の どの人たちとも付き合っていけるチカラが必要でしょう。

そのためには、まず自分と自分を育んでくれた文化を知ることが大切。

インターナショナルを支えるものは、トラデイショナルなのです。

なぜ、あかみ幼稚園にはやきものの薪窯があるのでしょうか?

それは、子どもの泥粘土遊びの延長として、やきもの《陶》があるからです。

粘土を乾かして 火に入れるとやきものになる。

そこには日本人が大昔から大事にしてきた文化と、子ども文化との接点があります。

また、250年前の「ひがしやま山荘」はりっぱな大黒柱と 太い梁が見事。

その中で、年長組の子どもが 書道を楽しみます。それは、静かな時間を過ごすことの心地よさ。

日本の良いところを記憶のどこかに とどめてほしいと願います。


   
▲ page top

 ロケーション&エコロジー 
 どこにあるの?       

あかみ幼稚園は、佐野市の西部、運動公園の隣です。

プールの所の信号を西に向かうと見えてくるのが、陸上競技場。

あかみ幼稚園は、陸上競技場の南。

なだらかな森に守られた日当たりのよいロケーションです。



      


 
どんな園庭?

幼稚園は、発祥の地ドイツではキンダーガルテン(子どもの園)と

言われています。あかみ幼稚園の敷地は、17,000u。

子どもが思い切り遊んでも、互いに妨げ合うことはありません。

木製のアスレチックや、コンパン社の赤い汽車、そして手作りの小屋など、

子どもが自分たちの遊びを作り出せるような環境です。

また、一角にある農場では、子どもが野菜を作り、料理を楽しんでいます。

 
  
      


 
どんな施設があるの?

まず、子どもが毎日過ごす保育室は、平屋の耐震構造で、安心

室内の壁と床は、ムクの木材を使い、アレルギーなどに配慮しました。

子どもの「食」は大変重要。

平成12年度から、園内に厨房を設置し、暖かくて、おいしくて、

しかも身体に安全な 昼食(給食)を提供しています。

あかみ幼稚園で、大切にしていることの一つとして、

子どもと文化との出会いということがあります。
園内にはやきものの薪窯があり、

子どもは、泥粘土遊びの延長として、やきもの《陶》に挑戦しています。

また、250年前の建物を移築した、

「ひがしやま山荘」では、子どもたちが書道を楽しんでいます。
園庭には、小川が流れ、生き物(植物や虫たち そして鳥や小動物)

関わりが持てる場…ビオトープがあります。

また、プラネタリウム(マリ堂)や風力発電・太陽光発電・雨水利用など、

科学や自然に興味が向い、

自然と人間との付き合い方を学べる環境も大切にしています。


               
 
▲ page top